くらし情報『花火大会当日の『駅のホーム』に驚き! 客の安全を守る『配置』に「ガチだ」「すごい光景」』

2023年8月10日 10:09

花火大会当日の『駅のホーム』に驚き! 客の安全を守る『配置』に「ガチだ」「すごい光景」

花火大会当日の『駅のホーム』に驚き! 客の安全を守る『配置』に「ガチだ」「すごい光景」

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が流行してから、中止が続いていた花火大会。

2023年にコロナウイルスが5類感染症に移行してからは、規制が緩和され、各地で久しぶりとなる花火大会が開催されています。

花火大会を万全で迎える阪急電鉄

同年8月5日には、大阪府大阪市で『第35回 なにわ淀川花火大会』が開催されました。

制限がない4年ぶりの開催とあって、例年60万人が訪れる同花火大会は多くの来客で賑わったとのこと。

@karafuto0701さんは、会場の最寄り駅である阪急電鉄の十三(じゅうそう)駅にて、驚きの光景を撮影し、注目を集めました。


「なかなか凄い光景…」というコメントとともに、SNSに公開された写真がこちら!

花火大会当日の『駅のホーム』に驚き! 客の安全を守る『配置』に「ガチだ」「すごい光景」

列車の各ドアに1人ずつ、阪急電鉄株式会社の職員が立っているではありませんか!

同社に問い合わせたところ、花火大会当日は、平時と比べて極めて多くの人が列車に乗降することから、「お客様に安全に鉄道をご利用いただくため、例年行っている」とのこと。

配置につく職員の中には、助役などの監督者や、本社スタッフなどがいるといいます。

職員たちがズラリと並ぶ様子に目を奪われた人たちから、数多くのコメントが寄せられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.