くらし情報『豆腐パックの水、切らずに使ってもいい? メーカーの回答に「知らなかった!」』

豆腐パックの水、切らずに使ってもいい? メーカーの回答に「知らなかった!」

目次

・豆腐のパックに入っている水は何?
・豆腐パックに水が入っている理由
※写真はイメージ

スーパーマーケットなどで販売されているパックの豆腐は、中に水が入っていることがありますね。

あの水は、そもそもどんな水で、なんのために入れてあるのでしょうか。

豆腐のパックに入っている水の正体を調べてみました。

豆腐のパックに入っている水は何?

豆腐メーカーの相模屋食料株式会社(以下、相模屋食料)に、パックに入っている水の正体を聞いたところ、このような回答がありました。

豆腐と一緒に入っている水は、何か特殊なものではなく一般的な水です。弊社では豆腐を作る時に井水(せいすい)を使っており、パックの水も井水を使用しております。

豆腐の成分が溶け出して少し色付いていることもありますが、ただの水なので、もちろん口にしても問題ありません。

ほとんどの人は、料理に使う際にパックから取り出して水は捨てているかと思いますが、パックに入っている水ごと使うことも可能です。


相模屋食料によると、「普通の水ですが、もし気になるようであれば、サッと流水で洗っても構いません」とのことでした。

豆腐パックに水が入っている理由

では、なぜ豆腐と一緒に水を入れているのでしょうか。相模屋食料によると、このような理由があるそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.