くらし情報『紗栄子が『医療従事者への支援活動』を始めた理由に「なるほど」「行動力がやばい」』

2020年5月28日 15:05

紗栄子が『医療従事者への支援活動』を始めた理由に「なるほど」「行動力がやばい」

紗栄子が『医療従事者への支援活動』を始めた理由に「なるほど」「行動力がやばい」

モデルでタレントの紗栄子(さえこ)さんが、2020年5月26日に放送されたラジオ番組『高橋みなみの「これから、何する?」』(TOKYO FM)に出演。

新型コロナウイルス感染症と闘う『医療機関への支援活動』について語り、多くの反響が寄せられています。

紗栄子が支援活動に取り組む理由は?

紗栄子さんは、2019年10月に自らが代表理事を務める社団法人『Think The Day』を設立。

2020年5月からは医療機関に向けて、必要な物資を送る支援活動を行っています。

同番組で、紗栄子さんは『Think The Day』の活動についてこのように語りました。

感染が拡大している中で「自分自身、何かできないかな」と思った時に当初は医療機関や団体に対して支援金という形で寄付させていただこうと思ってたんですけど…。

義援金という形でお届けするよりもちゃんと物資に変えて、調達して、それを直接、感染症医療期間だけでなく、そのほかのちっちゃな病院やクリニックのみなさんにもお届けできないかなって思って動き出したのがきっかけです。

高橋みなみの「これから、何する?」ーより引用

当初は義援金を送ることを考えていたという紗栄子さんですが、物資が足らずに困っている医療現場の状況を知り、『お金ではなく、物資を調達して医療機関に届ける』という方法に変えたといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.