くらし情報『カツオノエボシとはどんな生き物? 浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも』

2020年6月11日 15:55

カツオノエボシとはどんな生き物? 浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも

5.医療機関で治療を受ける。

呼吸停止・心停止に陥った場合はすぐに心肺蘇生法を開始すること。

沖縄県ーより引用

クラゲに刺された時、「酢をかけるとよい」との情報もありますが、カツオノエボシの場合は逆効果になる可能性があるので注意してください。

事前の対処法としては、肌の露出を避けるためにウェットスーツやラッシュガードなどを着る、打ち上げられたカツオノエボシの周辺には近寄らないといったことが挙げられるようです。

カツオノエボシを捕食する天敵とは?

そんな猛毒を持つカツオノエボシにも、天敵がいます。

その中で特に話題になるのが『アオミノウミウシ』という生物。

カツオノエボシとはどんな生き物? 浜辺の青いビニール・ペットボトルは危険生物かも

アオミノウミウシ

ウミウシの仲間で、その姿から海外では『青い天使』や『ウミツバメ』と呼ばれることも。

しかし、美しさとは裏腹にカツオノエボシの毒をものともせずに捕食。さらにその毒を自身のものにし、武器として用いることもあるといいます。

それが人間に向けられた事例もあり、もし見かけたとしてもカツオノエボシ同様、触れないようにするなど注意が必要です。

こちらは、神奈川県にある『新江ノ島水族館』が公開した、アオミノウミウシの動画です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.