くらし情報『ワニにヘリウム吸わせると? 日本人受賞の『イグ・ノーベル賞』が、じわると話題』

2020年9月18日 19:16

ワニにヘリウム吸わせると? 日本人受賞の『イグ・ノーベル賞』が、じわると話題

※写真はイメージ

2020年9月17日、ユニークな科学研究などに贈られる『イグ・ノーベル賞』の授賞者が発表され、京都大霊長類研究所の西村剛准教授らの国際研究チームが音響賞を受賞しました。

これで、日本人のイグ・ノーベル賞受賞は14年連続になります。

イギリスのニュースメディア『BBC』によると、西村准教授らの受賞理由は「ヘリウム濃縮空気で満たされた密閉タンクでメスのワニをうならせたから」とのこと。

西村准教授らの研究チームは、酸素とヘリウムを交互に満たすことができる密閉タンクにワニを入れ、声の変化を実験。ヘリウムガスを吸い込んだ後、声が高くなったことを確認しました。

ネット上では、このニュースにクスッとする人が相次いでいます。

・ワニも自分の声にびっくりしたんじゃないだろうか。

・笑いました。ワニにヘリウムガスを吸わせるなんて、なかなか思いつかないですよね。

・甲高くなったワニの鳴き声が気になる。

ちなみに、その他の受賞理由は以下の通りです。

・心理学賞:ナルシストを眉毛から調べる方法を考案した。

・平和賞:インドとパキスタンの外交官が互いにピンポンダッシュで嫌がらせ。

・物理学賞:高周波で振動させたミミズの形がどうなるかを実験。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.