くらし情報『カズレーザー「こういう報道は辞めたほうがいい」 内容に、共感の声』

2020年10月28日 16:58

カズレーザー「こういう報道は辞めたほうがいい」 内容に、共感の声

カズレーザー「こういう報道は辞めたほうがいい」 内容に、共感の声

2020年10月現在、国内外を問わず多くの人が利用している動画サイト『YouTube』。

そのため、自主制作の動画作品を継続的に公開して広告収益による配当を得る『YouTuber』の存在も、世間に広く知れ渡っていることでしょう。

常識の範囲内で企画を考え、人々を楽しませるYouTuberがいる一方で、他人を批判したり迷惑行為を行ったりして不快な気持ちにさせる人も存在します。

ネットでは、そういった動画配信者を『迷惑系YouTuber』と総称しているようです。

カズレーザー「これを報道する意味がほとんどない」

2020年10月27日、情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)では、逮捕歴のある『迷惑系YouTuber』の男性を取り上げました。

番組では、その男性がYouTubeに投稿した数々の迷惑行為動画を放送。

2019年10月に起きた火災で焼け落ちた、首里城の復興を願うメッセージボードに自身のサインを大きく書いたり、スーパーで未精算の売り物である魚の切り身のパッケージを勝手に開けて食べるなどの映像が流れました。

カズレーザー「こういう報道は辞めたほうがいい」 内容に、共感の声

※写真はイメージ

また、この男性は交差点前の歩道に布団を敷き寝そべった行為が「道路交通法違反の疑いがある」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.