くらし情報『恋愛、友情、運命…交錯する出会いと別れを描いた感動映画5選』

2021年3月10日 17:41

恋愛、友情、運命…交錯する出会いと別れを描いた感動映画5選

目次

・思わず涙があふれる『別れ』が印象的な名作
・E.T.
・スタンド・バイ・ミー
・グッド・ウィル・ハンティング旅立ち
・列車に乗った男
・エターナル・サンシャイン
恋愛、友情、運命…交錯する出会いと別れを描いた感動映画5選

春は新たな生活の始まりでもあると同時に、少し切ない『別れの季節』でもあります。

そんな春に見たい、出会いと別れを描いた感動映画をご紹介します。

思わず涙があふれる『別れ』が印象的な名作

E.T.

まず紹介したいのは、1982年公開の名作SFファンタジー映画『E.T.』です。


名匠スティーヴン・スピルバーグ監督と、名作曲家ジョン・ウィリアムズが送る少年と宇宙人の交流を描いた本作。

第55回アカデミー賞で4部門受賞という快挙を成し遂げ、全世界で爆発的な大ヒットを記録しました。

心優しいエリオット少年と、穏やかな心を持つE.T.がドタバタ劇の中で友情を育んでいくさまを見ていると、思わず自分もE.T.と友達になったような気持ちにさせられることでしょう。

E.T.を故郷に帰すため別れることになるラストシーンは、涙なくしては見られません…。

スタンド・バイ・ミー

次は、1987年に公開された、青春映画の金字塔と名高い作品である『スタンド・バイ・ミー』です。


モダンホラー小説の巨匠であるスティーヴン・キングが描いた感動の青春ドラマを、ロブ・ライナー監督が手がけた本作。

旅に出る少年たちが繰り広げる笑い、喧嘩、涙…あれだけ仲が良かった友達同士は、学年が変わるごとに徐々に疎遠になっていき、大人になる頃にはそのすべてが輝いて見えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.