くらし情報『【TOKYO MER感想 第3話】ただ目の前の命だけに向き合うということ』

2021年7月24日 10:00

【TOKYO MER感想 第3話】ただ目の前の命だけに向き合うということ

目次

・菜々緒演じる蔵前夏梅にフォーカスがあたった『TOKYO MER』第3話
・コロナ禍の社会状況と医療従事者にシンクロした描写
【TOKYO MER感想 第3話】ただ目の前の命だけに向き合うということ

Twitterを中心に注目ドラマの感想を独自の視点でつづり人気を博している、かな(@kanadorama)さん。

2021年夏スタートのテレビドラマ『TOKYO MER』の見どころを連載していきます。

連続ドラマの序盤の2回は自己紹介。挨拶のようなもの。本当に面白いかは中盤に入ってから。

第1話、第2話と好評を維持している『TOKYO MER』。勝負の第3話は、このドラマのコンセプトである『医療従事者への敬意と感謝』が色濃くにじむストーリーとなった。

菜々緒演じる蔵前夏梅にフォーカスがあたった『TOKYO MER』第3話

今回のエピソードのメインは、菜々緒演じる、有能な救命看護師の蔵前夏梅。冒頭でシングルマザーであることが描かれている。

このドラマでは、今のところ明確にはコロナ禍の描写はない。

しかし、夏梅が娘を保育園に送り届けるシーンで、感染症を不安がる、ほかの親たちからのクレームが夏梅に伝えられ、医療従事者に対する差別が存在する社会であることが分かる。

そんな中での今週のMERの出動は、元妻・娘へのDVを発端とした男の銃撃・たてこもり事件であった。

男は無理心中をはかり、元妻に一方的に重傷を負わせた上、一型糖尿病とアレルギーの持病をもつ幼い娘を人質に立てこもる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.