くらし情報『草刈正雄、66歳の不安「もし妻が先に逝っちゃったら?」』

2018年11月10日 06:00

草刈正雄、66歳の不安「もし妻が先に逝っちゃったら?」

草刈正雄、66歳の不安「もし妻が先に逝っちゃったら?」


「僕は俳優の仕事が天職だと思っていて、こうして45年以上も続けていられるのは本当に幸せなことです」

こう語るのは、主演映画『体操しようよ』(11月9日公開)で、一人娘(木村文乃)を男手ひとつで育てた“定年お父さん”佐野道太郎を演じている草刈正雄(66)。映画では娘に結婚を考えている恋人がいると知った道太郎が『許さん!』と娘を一喝する場面も。

「実際もあの心境よ。父親なんてみんなそんなものでしょう(笑)」(草刈・以下同)

ラジオ体操を題材に、定年後の第二の人生の居場所探しが描かれる本作。妻、子ども、仕事……。草刈が考えるOVER60の生き方とは?

「とにかく、年のせいで早く起きちゃうんですよ。眠れなくなると聞くけど、本当にそのとおり(笑)。4時半とか5時ですからね。コーヒー飲みながら空が白んでくるのを見たりして。そういう時間を楽しんでます」

趣味のテニスで汗を流すのが日課。

「体を動かすことは大好きなんです。雨が降ればジムに行くし、自宅のそばの川沿いを散歩したり、ジョギングしたり。テニスはダブルスを楽しみます。ラリーが好きで、打つっていうよりもひっぱたくという感じが楽しい(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.