くらし情報『新田恵利さん「車いすの母のために畳を床張りにDIYしました」』

2019年6月10日 06:00

新田恵利さん「車いすの母のために畳を床張りにDIYしました」

そしてDIYは、費用の節約にもなるし、自分自身の楽しみにもなるんです」

タレントの仕事と家事と介護を両立する新田さんに、自分でできる介護リフォームについて聞いた。

新田さんは’00年に建てた二世帯住宅暮らし。1階に母と兄が暮らし、2階と3階に新田さん夫婦が暮らす。新田さんと兄が分担で母の介護をしていて、それを新田さんの夫がサポートしている。

骨折直後は寝たきりで、要介護4だったひで子さんも、きょうだいの献身的な介護と、リハビリに励んだ本人の努力もあって、要介護3に回復。車いすで動けるように。車いす生活になった母を見て、気づいたことがあったという。

「母が急に寝たきりになったとき、居間の和室の畳の上に、じゅうたんを敷いて、そこに介護ベッドを設けたんです」

当然、母がベッドに出入りするたび、同じ場所を通ることになる。

「畳がだんだんと凹んでいって……。特に方向転換のために回転する場所がひどかった。じゅうたんがたわんで、段差やシワになってしまい、母はスムーズに車いすを動かせなくなっていました。転んだりしてケガをする前に、改善しようと思ったんです」

一定の条件を満たせば、介護保険制度を使って、リフォームの補助金を受けることもできることは、もちろん新田さんは知っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.