くらし情報『中村七之助 すでに求婚も「挙式は早くても2年後…」の理由』

2019年9月3日 06:00

中村七之助 すでに求婚も「挙式は早くても2年後…」の理由

中村七之助 すでに求婚も「挙式は早くても2年後…」の理由


「七之助さん、彼女とひそかに同棲を始めたそうなんです。さらに彼は『ずっとそばにいてほしい』と伝えたそうです。事実上のプロポーズですよね」(歌舞伎関係者)

「八月納涼歌舞伎」が千秋楽を迎え、9月2日からは京都・南座の「九月花形歌舞伎」に出演中の中村七之助(36)。実はいま彼が同棲をスタートさせ、さらには求婚までしていたという。

そんな決断の陰には、亡き父・勘三郎さん(享年57)の“遺言”もあったことだろう。16年12月、本誌は七之助をインタビューしている。当時、彼は勘三郎さんが生前語っていたという“結婚の条件”についてこう明かしていた。

《(父が)ちょっと真面目な顔で、こんなふうにも言っていたんです。『歌舞伎俳優だったら、どんな職業の女性でも、どんな国籍の女性でも、本気で愛したなら、結婚できなきゃだめだよ。だって俺たち、舞台ではそれこそ吉原の遊女や花魁とほれたはれたって芝居してるんだから。結婚相手を選ぶときは、職業とか国籍とか、そういうんじゃないんだよ』って》

本気で愛したなら、結婚できなきゃだめだよ――。そんな父の言葉を胸に、決断した七之助。だが今すぐゴールイン、とはいかないようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.