くらし情報『マンション停電は?台風被害「火災保険」でカバーされる〇と×』

2019年11月1日 15:50

マンション停電は?台風被害「火災保険」でカバーされる〇と×

マンション停電は?台風被害「火災保険」でカバーされる〇と×


10月12日に上陸した台風19号では、死者が70人を超え、7万4,000棟以上の住宅が損壊や浸水などの被害を受けた(’19年10月25日・消防庁)。また、これまで水害とは無縁と思われていたタワーマンションでも、地下の電気設備が浸水し停電が発生。エレベーターが止まり高層階での孤立や、水道ポンプが動かず断水などの被害があった。この機会に家の火災保険の補償の範囲をチェックしよう。火災保険で台風の被害はどこまでカバーできるのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■マンション住人の火災保険は専有部分が対象

被災された方の心痛は計り知れませんが、お金の面では、火災保険で補償が受けられます。ただし、水害補償の付帯が必要ですが、最近、はずす方が増えています。水害補償の付帯率は4年連続低下し、70.5%です(’17年度・損害保険料率算出機構)。

たとえ水害補償が付いていても、被害の種類や程度によって補償されないことも。どんなケースが補償されるのか、見ていきましょう。

【ケースA】大雨で近くの川が氾濫し、床上浸水した→◯

水害による保険金が支払われるのは、(1)床上浸水、(2)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.