くらし情報『「食べ物がない、助けて」困窮した59歳の家に寄付が続々』

2019年12月18日 14:10

「食べ物がない、助けて」困窮した59歳の家に寄付が続々

「食べ物がない、助けて」困窮した59歳の家に寄付が続々


英ノッティンガムにある一軒家の入り口に掛けられていたのはスーパーマーケットのショッピングバッグ。バッグに貼り付けられた紙にはこう書いてあった。

「助けて下さい。食料もなく、電気も止められました。どんな手助けでもありがたいです」

DAILY MAIL紙によると、この家に住むのはウィリアムという名の59歳の男性。困窮し、誰かが豆の缶詰でも一つ入れてくれれば、との思いからバッグを出してみたのだという。

そんなささやかな願いとは裏腹に、バッグには続々と善意が寄せられた。中には直接援助を申し出た人もいたようで、ウィリアムさんの家には間もなく電灯がともり、暖房は本来の役割を果たすこととなった。また、最後にした食事がジャムサンドだという彼をディナーに招いた人もいたという。

起業家クレイグ・クロフォード氏はFacebookに「ウィリアムにクリスマスカードを送ろう&助けよう」というグループを作り、クラウドファンディングを起ち上げた。目標の2,500ポンド(約358,000円)は6日で集まり、現在約13,000ポンド(約186万円)もの善意が寄せられている。

また、クロフォード氏がウィリアムさんのために用意した私書箱にはクリスマスカードが次々と届いているようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.