くらし情報『メーガン妃 暴露本にチャールズ皇太子の悪口だけ書かれない訳』

2020年8月21日 15:50

メーガン妃 暴露本にチャールズ皇太子の悪口だけ書かれない訳

常に比較され続けるキャサリン妃〔右〕とメーガン妃〔左〕(写真:アフロ)

常に比較され続けるキャサリン妃〔右〕とメーガン妃〔左〕(写真:アフロ)



「3月のヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱から、英国王室の暴露本は3冊出版されましたが、全てがアンチ・メーガンといえる内容でした。ですが、この4冊目はヘンリー王子(35)とメーガン妃(39)を擁護する内容になっています。

当初は『夫妻にインタビューし全面協力を得た』という触れ込みでしたが、のちに全く関わっていないという体に変わりました。それは内容の過激さから裁判沙汰になる可能性もあると考えたためではないか、という声もあります」

そう語るのは、英国王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さん。

8月11日に発売された『Finding Freedom(自由を探して)』が、英国ほか各国で話題を呼んでいる。

この本はヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱までの内幕を描いた回顧録だ。著者は夫妻と近しい間柄とされる王室付き記者の2人。本人、またはかなり近しい人でなければわからないような細かな発言や描写が随所に見受けられ、まさに“暴露本”といった内容だ。

「当たり前ですが、この本はメーガン妃側の視点で書かれているので、彼女はかわいそうな被害者という位置づけで貫かれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.