くらし情報『小山明子 故・大島渚監督の闘病を支え続けた“ユーモア介護”』

2020年9月9日 11:00

小山明子 故・大島渚監督の闘病を支え続けた“ユーモア介護”

小山明子 故・大島渚監督の闘病を支え続けた“ユーモア介護”


長年連れ添い、紆余曲折を経ながら、最後は「夫を介護する」という試練と向き合うことになった妻たち。そのとき、夫に何を思うのか。きれいごとだけでは片づけられない複雑な思いを超え、見えてきた「夫婦って何?」の答えに、耳を傾けましたーー。

■小山明子さん(85・女優)/夫は故・大島渚(享年80)

「ロンドンで倒れて帰国した夫の大島には、右半身のマヒが残りました。彼を支えるといっても、私は女優で何もできないのがつらくて」

国際的に活躍していた映画監督の大島渚さん(当時63歳)が、滞在先のイギリスで脳出血により倒れたのは’96年2月。妻の小山明子さんには、その日から介護生活の重圧がのしかかる。

その後、順調に回復した大島監督だったが、結婚40周年を迎えたころから、再び多発性脳梗塞や十二指腸潰瘍穿孔などが襲う。退院してきた大島監督は、「要介護5」の判定となり、さらに過酷なリハビリの日々が始まる。

なにかとつらい介護生活を乗り切るとき、小山さんがことさら大切にしたのがユーモアだった。それは、排泄の場面でも発揮された。

「オムツ替えも、当初は主人を気遣って、わざと事務的に済ませていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.