くらし情報『肩ギャング、結膜セレブ……いくつわかる? 韓国「秀逸ネーミング」5』

2020年12月9日 11:00

肩ギャング、結膜セレブ……いくつわかる? 韓国「秀逸ネーミング」5

と呼ばれるように。ファンからの投票で人気ランキングが決まる「アジア アーティスト アワード」では数多くの人気俳優を抑えて連日1位をキープするほど熱狂的な人気が。

【3】キス職人

とにかくキスシーンが多い&長い韓国ドラマ。そんなキスシーンが「職人のようにうまい!」 「キス職人」と名誉あるニックネームがつけられたのが、映画『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演し、話題のコン・ユ(41)。180cmを超える完璧なスタイルで、女優との黄金比の身長差を生み、絵画のような横顔で美しくドラマティックなキスシーンを作り出す彼。キスシーンのバリエも豊富で『コーヒープリンス1号店』の「迫力キス」、『あなたの初恋探します』の「ベッドキス」「空港キス」など、女優を引き立てながら物語の世界観を一気に盛り上げるキスは、作品が放送されるたびに話題に。

【4】結膜セレブ

現在入隊中の音楽グループ「EXO」のメインボーカル、ディオことド・ギョンス(27)。メンバーの中で誰よりも早く演技の勉強を始め、俳優としても活躍する彼は、目が大きいけれど黒目が小さく白目の部分が多いことから「結膜セレブ(白目富豪)」とファンが命名。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.