くらし情報『【玉置妙憂の心に寄りそう人生相談】父の形見の庭が兄に取り壊されていた』

2020年12月18日 17:00

【玉置妙憂の心に寄りそう人生相談】父の形見の庭が兄に取り壊されていた

【玉置妙憂の心に寄りそう人生相談】父の形見の庭が兄に取り壊されていた

【連載】玉置妙憂の心に寄りそう人生相談<第55回>
数々のメディアにも紹介され大反響を呼んでいる新書『死にゆく人の心に寄りそう~医療と宗教の間のケア~』(光文社)の著者・玉置妙憂さんが毎週、読者の悩みに寄りそい、言葉を贈ります。

【今回の相談内容】

父が大事にしていた庭の花木を兄にすべて刈られて喪失感を感じています。5年前に他界した父は庭いじりが大好きでした。実家の庭には四季折々の花が咲き、それを見るのは私の実家に帰る楽しみの1つでもあります。ただ、実家を継いだ兄は植物に全く興味がないようで、父が亡くなってから植物の世話は専ら高齢の母任せ。以前は父の自慢であった白蓮を枯らしてしまったこともあります。ーーそして今年の彼岸。新型コロナウイルスの影響でなかなか帰れなかった実家に久しぶりに帰ってみると、庭の花木が一本もなくなっていたんです。花壇の小さな花々も含めて全部……。理由はカーポートを作りたいからということでした。家を管理しているのは兄なので責めることはできず。庭を見ては父を思い出していた私は、もう一度父を失ったような、実家を失ったような感じがしてただただ悲しかったです。今後は心のよりどころをどこに求めたらよいのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.