くらし情報『野菜の高騰は「酢漬け&冷凍保存」で対策!専門家が解説』

2021年6月16日 11:00

野菜の高騰は「酢漬け&冷凍保存」で対策!専門家が解説

’09年は中国・九州北部豪雨が発生。激甚災害に指定することが閣議決定されたほどです。そして’03年は、九州地方や西日本にかけての広い地域で、200ミリ以上の大雨を記録。これらすべての年で、水害地域における不作により、夏場に野菜が高騰しているというデータがあります」

梅雨の影響は早くも出はじめている、と前出の柏木さんは語る。

「東京では、5月中旬に比べ、下旬のきゅうりの販売価格が2倍近くにまで上がっています」

また、5月におけるレタスとブロッコリーも、卸売価格の推移を見てみると、中旬から下旬にかけて、急激に値上がりしている。

長梅雨が懸念される今夏、野菜価格の動向はぜひ注視したいところ。柏木さんに、主な野菜の現在の価格動向と、過去のデータを基に今後の予測を立ててもらった。

【なす】

「全国的に5月20日ごろから卸売価格が上昇しています。東京でも卸値がキロあたり372円(5月20日)が456円(同27日)と、20%以上値上がり。生産地である高知県の天候不良が原因と思われ、平年並みに落ち着くことが期待されますが、昨年8月は、卸値が平年の2倍近くまで上昇した日もありました」(柏木さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.