くらし情報『柴田倫世「一番の親友が役目」夫・松坂へ17年“姉さんサポート”』

2021年10月22日 06:00

柴田倫世「一番の親友が役目」夫・松坂へ17年“姉さんサポート”

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



「妻は本当に関係ないところで大変だったと思いますし、気持ちの強い人ではなかったので迷惑を掛けたと思いますし、その中でここまでサポートしてくれてありがとうございましたと、あらためて言いたいですね」

10月19日、こう話したのはプロ野球・松坂大輔選手(41)だ。同日、引退会見を行った松坂。『デイリースポーツ』によると、そこで妻である柴田倫世夫人(46)への感謝の言葉を冒頭のように口にしたという。

横浜高校時代の’98年、夏の甲子園での優勝に大きく貢献した松坂。“平成の怪物”と呼ばれ、同年度ドラフト1位で西武ライオンズに入団。プロ1年目で16勝を果たし、’99年の新人王に輝いた。

そして’04年に松坂は結婚を発表。そのお相手が、倫世夫人だ。以降、17年もの野球人生を共に過ごしてきた。

「’05年12月に第一子が誕生したあと、松坂さんは’07年、メジャーリーグに進出。ボストン・レッドソックスに移籍しました。それに伴い、『彼の夢を支えたい』という気持ち一心で倫世夫人もお子さんと一緒に渡米。’08年3月と’10年3月にも現地で出産し、子宝に恵まれました」(スポーツ紙記者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.