くらし情報『【昭和芸能界の“不適切な”伝説】萩原健一は暴力団から拉致、山口百恵さんのお尻を掴んだ「有名司会者」』

2024年3月1日 11:00

【昭和芸能界の“不適切な”伝説】萩原健一は暴力団から拉致、山口百恵さんのお尻を掴んだ「有名司会者」

【昭和芸能界の“不適切な”伝説】萩原健一は暴力団から拉致、山口百恵さんのお尻を掴んだ「有名司会者」


「昔は、テレビも世の中全体も、もう少し寛容でした。女遊びは芸のうち、と。現代には全く当てはまらない。いろんな問題を笑いで済ませるというのは難しくなったと思います」(芸能レポーター・平野早苗さん)

最近、昭和のおやじが令和を生きるドラマ『不適切にもほどがある!』が話題だ。コンプラ意識の低かった昭和が描かれ、放送ごとに議論が起こっている。

あのころ、特に芸能界には、今ではアウトな逸話が盛りだくさんだった。そこで、実話だけを集めた昭和芸能界の“不適切”(秘)番付を本誌が作成!(以下敬称略)

ドラマに登場する“ムッチ先輩”の憧れ、“マッチ”こと近藤真彦(59)は、前頭級の問題発言を。

「番組のリハーサルで、美空ひばりさんの歌声を聞いたマッチは一言、『おばさん、歌うまいね』。
周囲の顔が真っ青になりました。のちに本人が、“誰が歌っているか知らずに言った”と報道陣に弁解していました。ひばりさんから呼び出されたが、むしろ楽しんでくれたそう」(スポーツ紙記者)

同じく一言で周囲を騒がせたのが三船敏郎(享年77)。ある番組で、梅沢富美男(73)がクラブでの出来事を明かした。

「バニーガールさんがいらっしゃって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.