くらし情報『岡村隆史 最終回で明かした本音「めちゃイケは苦しかった」』

2018年4月1日 06:00

岡村隆史 最終回で明かした本音「めちゃイケは苦しかった」

image


1996年に開始した長寿バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が、3月31日に最終回を迎えた。番組の終盤では、レギュラーを務めるナインティナイン岡村隆史(47)がメンバーの前で番組への思いを語った。

岡村は「フジテレビにめちゃイケ(の収録)で向かうとき、ワクワクするという気持ちで(お台場の)レインボーブリッジを渡ったことは、実は一度もありません。しんどかったり、苦しかったり、痛かったり、悲しかったり、悔しかったり……。キュッと心が苦しくなる、そんな気持ちで22年間渡ってまいりました」と吐露した。

番組の顔とも言える存在であり、数々の“過激な”企画にも挑んできた岡村。「みなさんも悔しい気持ちや我慢があったと思いますが、岡村隆史という神輿を担いでいただいて。本当にありがとうございました」と、メンバーへの感謝を口にした。

2010年に体調不調で4カ月休養したことにも言及。休養中は「めちゃイケにもテレビにも戻ってこられないかもしれない」と考えていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.