くらし情報『佐藤大樹、主演作『小説の神様』主題歌パフォーマンスに感激「最高の一言ですね」』

2020年10月3日 13:00

佐藤大樹、主演作『小説の神様』主題歌パフォーマンスに感激「最高の一言ですね」

佐藤大樹


相沢沙呼の同名小説を映画化した『小説の神様 君としか描けない物語』の公開記念イベントが10月3日、東京・新宿バルト9で行われ、ダブル主演を務める佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈、久保茂昭監督(映画『HiGH&LOW』シリーズ)が出席。イベントの模様は、全国137の劇場に生中継された。

中学生で作家デビューしたものの、作品がSNSで酷評され自信を失った高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪(橋本)。正反対の高校生2人が、ベストセラー小説を生み出すべく共作に挑む。

緊急事態宣言に伴う公開延期を経て、ついに映画が封切られ、佐藤は「いつ公開できるんだろうという気持ちもあったので、(公開が)決まってうれしかった。読書の秋とも言いますし、小説をモチーフにした内容なので、ぴったりな時期」とホッとした表情。橋本も「公開できることが純粋にうれしい。私たちも待ち遠しかったですが、やはり待ってくださったファンの皆さんがいたからこそ」と喜びもひとしおの様子だった。

苦難を乗り越え、夢に近づく青春ストーリーについて、佐藤は「人には誰しも、弱点やコンプレックスがありますが、いろんな出会いの中で(自分に)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.