くらし情報『SNSが生んだ新星女優・景井ひながJK社長に「周囲の方の演技が私の教科書」』

2021年10月15日 07:00

SNSが生んだ新星女優・景井ひながJK社長に「周囲の方の演技が私の教科書」

景井ひな 撮影/杉映貴子

撮影/杉映貴子



2021年10月9日から始まった、土ドラ「顔だけ先生」(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)。神尾楓珠演じる、ルックス抜群・しかし破天荒な非常勤講師が、次々に起こる突拍子もない事件を解決していく、掟破りの学園ドラマだ。

ドラマの中で高校生ながら会社を経営する、クールな女子高生・小野寺今日子を演じるのが、意思のある目元が印象的な景井ひな。TikTok開始わずか9か月で100万人フォロワーを達成した、SNS界の超新星だ。「もともとお芝居をしてみたかった」と話す彼女の、地上波連続ドラマ初レギュラー出演への意気込み、撮影裏話、プライベートの秘密などを、たっぷりと語ってもらった。

衝撃タイトルの学園ドラマ『顔だけ先生』の見どころ

SNSが生んだ新星女優・景井ひながJK社長に「周囲の方の演技が私の教科書」


──インパクトのあるタイトルの『顔だけ先生』ですが、ここに注目して欲しいという、見どころを教えてください。

今までの学園ドラマって、生徒に何か問題があって、先生が親身になって解決するっていうのが王道だったと思うんです。私が実際観てきた数々の学園ドラマもそういう印象が多かったですし。でもこの『顔だけ先生』は、神尾楓珠さん演じる非常勤講師・遠藤先生が、“顔だけはいい”んですけれど、自分の好きなことをやればそれでOKっていう感覚の持ち主で、他の先生とはズレているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.