くらし情報『松坂桃李・仲野太賀の『あの頃。』「実はいいことばかりじゃない俳優の仕事も捨てたものではない」』

2021年2月17日 07:00

松坂桃李・仲野太賀の『あの頃。』「実はいいことばかりじゃない俳優の仕事も捨てたものではない」

仲野この映画は最終的にはヒューマンドラマですから、見た後にホロッとできることが前提としてあったんです。だからこそ自分も、芝居を振り切れました。あと桃李くんが言ったように、とにかく周りが「結局、コズミンって面白いヤツだな」って愛情を注いでいるから、愛おしいキャラになれたんじゃないかな。

コズミンを観たらファンの方は愕然とするかも(笑)

松坂桃李・仲野太賀の『あの頃。』「実はいいことばかりじゃない俳優の仕事も捨てたものではない」


――お2人のオーラの消し方というか、アイドルオタクのリアルさが醸し出される演技が、とにかく圧倒的で。

松坂現場に原作者の劒樹人さんが何度もいらしてくれて、仲間たちとのエピソードを話してくださったんです。当時の雰囲気をリアルに想像することができました。

仲野僕はコズミンの気持ちに共感できたことが、根本になっています。彼はすごくコンプレックスがある反面、すごく自信もあって、その2つの感情が入り混じってヘンテコな形になっているんです。

――確かに彼の自己評価と周りに対する態度に、歪さを感じました。

仲野彼の小ささとか、マウントの取り方とか、自分からかけ離れているようで、実はそうでもない気がします。僕も自信がないときはあるし、器が小さいなって反省することもある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.