くらし情報『中村憲剛よ、ありがとう! 中村憲剛からありがとう!! 1万3000人が見守った引退セレモニー』

2020年12月22日 18:00

中村憲剛よ、ありがとう! 中村憲剛からありがとう!! 1万3000人が見守った引退セレモニー

12月21日・等々力陸上競技場で行われた中村憲剛引退セレモニー (C)J.LEAGUE

(C)J.LEAGUE



中村憲剛の偉大さはイベント名を見ても理解できる。12月21日に行われた引退セレモニーの正式名称は『おフロの恋人! LOTTE presents 中村憲剛引退セレモニー&優勝報告会』である。勝点83、26勝、88得点、得失点差57、2位に勝点18差、最少敗戦3試合などなど、記録尽くめで史上最速優勝を果たした川崎フロンターレの優勝報告会の前に、引退セレモニーと謳われているのだ。

名前だけではない。2時間半ほどのプログラムの中で、鬼木達監督や谷口彰悟主将のあいさつなど優勝報告セレモニーは15分ほど。時間配分も大半は引退セレモニーが占めた。

中村憲剛よ、ありがとう! 中村憲剛からありがとう!! 1万3000人が見守った引退セレモニー

福田紀彦川崎市市長より市民栄誉賞が授与された (C)J.LEAGUE
等々力陸上競技場に1万3000人を集めるなどセレモニーは異例の規模で行われたが、決して華美ではなかった。中村がどれだけクラブ・川崎市に愛され、中村がどれほどクラブ・川崎市に愛されていたかわかるあたたかいイベントであった。

式はホームタウン活動で親交が深かった中原消防署や中原警察署、河川協力団体のとどろき水辺の楽校、フロンターレ算数ドリルで関わった川崎市立有馬小学校の関係者が感謝の言葉を並べてスタート。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.