くらし情報『純烈、佛田洋監督が『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成披露舞台挨拶に登場 「いろんなものが詰まった幕内弁当のような映画」』

2021年8月27日 11:38

純烈、佛田洋監督が『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成披露舞台挨拶に登場 「いろんなものが詰まった幕内弁当のような映画」

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成披露舞台挨拶 (C)2021 東映ビデオ

(C)2021 東映ビデオ



後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭からなるスーパー銭湯のアイドル「純烈」が主演を務める映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』の完成披露舞台挨拶が8月26日、新宿バルト9 シアターにて行われた。

完成披露舞台挨拶には、純烈の4人と佛田洋監督が登壇。彼らは主題歌「NEW(入浴)YORK」が流れる中、ステージに登場した。冒頭の挨拶で純レッド役の白川は「コロナ禍でなかなかコンサートができない中、主演映画という形で、ファンのみなさんとよろこびをわかちあえることができたことをうれしく思います」と会場を見渡しながら笑顔でコメント。純グリーン役の後上は「(舞台挨拶は上映後ということで)映画を観たみなさんが何かしらのジャッジを下した後かと思うと、緊張感高まります」とキリッとした表情を見せる。純ブルー役の小田井は「最近、ちょこちょこコンサートやライブをする中で、映画の話題に触れるのですが、(公開前なので)言えないこともたくさんあります。やっと今日は内容を踏まえて話ができるということで、撮影時の思い出話もできることがとても楽しみです!」とニッコリ。続けて「コンサートのほうに足を運んでいただければ、映画秘話が聞けるかもしれません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.