くらし情報『『名も無き世界のエンドロール』特報公開 岩田剛典、新田真剣佑の真剣な眼差しが』

2020年9月17日 14:52

『名も無き世界のエンドロール』特報公開 岩田剛典、新田真剣佑の真剣な眼差しが

『名も無き世界のエンドロール』 (c)行成薫/集英社 (c)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

(c)行成薫/集英社 (c)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会



映画『名も無き世界のエンドロール』の公開日が2021年1月29日(金)に決定。あわせて特報映像とティザービジュアルが公開された。

本作は、「第25回小説すばる新人賞」を受賞した行成薫による同名小説を、『累 -かさね-』『ういらぶ。』の佐藤祐市が映画化した人間ドラマ。問題のある家庭で、淋しさを抱えて育ったキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)。そこへ同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)もまじわり、少年期から成人まで、3人は支え合いながら生きてきた。だがある時、ヨッチは2人の前から突然消えてしまう。それから10年もの月日が流れ、キダとマコトは表と裏それぞれの世界を、死に物狂いでのし上がっていた。全ては、世界の片隅で生きてきた彼らとは住む世界の異なる“ある女性”にプロポーズをするため。しかし、実はそれは日本中をも巻き込んだ、ある壮大な計画だった。ラスト20分、想像を絶する衝撃のエンドロールが幕を開ける。

公開された特報では、名も無き世界でお互いに支え合ってきた幼馴染のキダ、マコト、ヨッチの3人が仲良くじゃれ合う回想シーンが走馬灯のように映し出されるシーンから一変、キダとマコトのシリアスな表情が映し出され、 “この物語には仕掛けがある”というメッセージと共に、衝撃のエンドロールを彷彿とさせる緊張感あふれるシーンが収録されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.