くらし情報『ドイツ屈指“ケルン放送交響楽団”が奏でる燻し銀のベートーヴェン』

2019年11月14日 12:00

ドイツ屈指“ケルン放送交響楽団”が奏でる燻し銀のベートーヴェン

マレク・ヤノフスキ (C)Joern Neumann

(C)Joern Neumann



1947年の創立以来、70年以上に渡ってヨーロッパの主要放送交響楽団の1つとして素晴らしい演奏活動を行ってきたケルン放送交響楽団が、ワルシャワ生まれの名匠マレク・ヤノフスキに率いられて来日する。両者の共演は1983年にまで遡り、2018年2月にはヒンデミット作品集を録音をするなど、関係性は抜群。2018年9月からは待望のベートーヴェン・チクルスを開始し、同時にレコーディングも進めているというのだから楽しみだ。

今回はドイツ本国で行われたベートーヴェン・チクルスの勢いをそのまま持ち込むかのような日本公演が期待できる。ソリストには、2015年のショパン国際ピアノ・コンクールの覇者チョ・ソンジンを迎え、ベートーヴェンの偉大さを知る上で、欠かすことのできない「交響曲」と「協奏曲」の代表曲を披露する。いよいよ間近に迫った2020年の“ベートーヴェン生誕250年”を、より身近に感じさせるステージがこれだ!

●公演概要
・11月21日(木)東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル
・11月25日(月)東京文化会館 大ホール
・11月26日(火)サントリーホール 大ホール

●マレク・ヤノフスキ (指揮)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.