くらし情報『パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!』

2019年3月14日 13:11

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

1. 肩周りをアイロンがけ

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

ブラウスの場合は、まず、肩周りと袖にアイロンをかけます。衿元から肩、肩から袖口へと、肩周辺にアイロンがけ。細部は“肩馬”を使うとかけやすくなります。

2. 袖のカフスにアイロンがけ

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

次に、カフスを仕上げます。タックを左手で引っ張りながらアイロンをかけるのが、カフスを美しく仕上げるコツ。左右のカフスとも同様に行います。

3. 袖の端を落とすようにアイロンがけ

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

袖全体のアイロンがけは、袖山をプレスしないよう、端(袖山)をアイロン台から落として行います。こうすることで、袖山に線が付かず、ふんわりとした仕上がりになります。

4. ヨークのアイロンがけ

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

アイロン台の丸くカーブした部分を使い、ヨークにアイロンをかけます。アイロン台の丸い方を手前に置き、ヨークを掛けてアイロンを当てます。衿元までキッチリかけましょう。

5. 後身頃

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

後身頃(背中)を裏から仕上げます。このとき、前身頃の脇部分もあわせてアイロンがけ。ギャザーを広げながら、左脇、右脇、背中に分けてアイロンをかけます。

6. ギャザーは押さずにかける

パリコレ職人直伝!アイロンのかけ方次第でしわしわブラウスがおろしたてに!

ギャザー部分は、アイロンをかける前に広げます。アイロンで押さずに、スチームを軽く送り込むようにしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.