くらし情報『残債があってもマンションの売却はできるの?詳しい方法や注意点を解説します!』

2017年11月15日 10:03

残債があってもマンションの売却はできるの?詳しい方法や注意点を解説します!

住み続けるつもりで購入したマンションでも、家族構成や環境の変化など、さまざまな理由によって売却したいと考えることがあります。しかし、「住宅ローンの返済が残っているから売却できない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。実は、残債があっても売却することは可能です。この記事では、その方法や注意点を詳しく解説します。

マンションの売却は残債があってもできる

目次

・マンションの売却は残債があってもできる
・残債があるマンションの売却方法
・残債がある場合に注意したいこと
・まとめ
残債があってもマンションの売却はできるの?詳しい方法や注意点を解説します!


マンションの売却は、残債があっても可能です。しかし、そのためには「抵当権」の抹消が必要となります。抵当権とは、住宅ローンの返済が滞っている場合、金融機関が家を売却することを認める権利です。つまり、住宅ローンを完済すれば抵当権は意義を失います。住宅ローンを完済し、抵当権を抹消すれば、売却することができる、ということになります。

しかし、住宅ローンの残債を一括で支払うことは、多くの方にとってとても簡単にできることではないでしょう。そこで、返済に充てるお金を調達する方法を考えてみましょう。

残債があるマンションの売却方法

残債があってもマンションの売却はできるの?詳しい方法や注意点を解説します!


売却と同時に住宅ローンを完済できる方法が3つあります。順番に確認しましょう。

【1.売却代金を返済金額に充当する】

マンションの売却にあたり、まずは査定が必要となります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.