くらし情報『【シリーズ高齢出産 第2回】働く女性が知りたい妊娠力と高齢出産の実情』

2014年2月18日 08:00

【シリーズ高齢出産 第2回】働く女性が知りたい妊娠力と高齢出産の実情

【シリーズ高齢出産 第2回】働く女性が知りたい妊娠力と高齢出産の実情
【シリーズ高齢出産 第2回】働く女性が知りたい妊娠力と高齢出産の実情
【シリーズ高齢出産 第1回】を読む
いずれ子どもが欲しいと思っていても、妊活より前に婚活だ、仕事だ!と、高齢出産のリスクを聞いてもまだピンとこない人の方が多いのでは?
でも、今のうちに自分の妊娠力がどの程度なのか、性感染症はないかなど、事前に調べておくことは未来の妊婦計画にとても有意義なこと。
現代の医療では、卵巣年齢や残りの卵子数が分かるAMH(抗ミュラー管ホルモン)検査を、血液採取だけで気軽に受けることができるのです。
赤ちゃんを作ろう、と思った時に不妊原因を知るのは時間的にロス。だからこそ、今からできる妊活を始めておきませんか?
そこで、京野アートクリニック高輪の京野廣一先生に、“働く女性が知っておくべき医療の現状”についてお伺いしました。
その内容を詳しく3回シリーズでお届けします。
●既婚未婚問わず知っておきたい“MY妊娠力”!
女性は年齢が上がると卵巣機能が低下して卵子の数も少なくなります。妊娠力には個人差が大きく影響するものですが、今の自分はどういう状態なのかをある程度把握しておくことは、プレママにとって大切な事です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.