くらし情報『ホームレス男性に悪印象を与える番組放映…違法性はない?』

2017年3月1日 21:30

ホームレス男性に悪印象を与える番組放映…違法性はない?

1月31日に放映されたあるテレビ番組が、ホームレスの男性を「化け物」と表現していたり、やらせを頼むことでホームレスの方々への偏見を助長しかねない内容になっていると指摘がされ、これが話題になっています。

この番組が放映された直後、ホームレスの方々が居住するテントに向け、投石がされたり、野火が相次いでいるようであり、一部の方々は実害も被っているようですが、このような番組を放映することに問題はないのか、解説していきたいと思います。

目次

・法的に問題にすることは難しい
・倫理的な問題は別途ある


ホームレス男性に悪印象を与える番組放映…違法性はない?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

■法的に問題にすることは難しい

あるホームレスの男性を「化け物」などと表現することは、一般的に言ってその男性の名誉や名誉感情を侵害するものと言い得ます。そのため、本人がこのような表現をされることを承諾していたという事情がないのであれば、これらについての責任を追及することは可能でしょう。

しかし、男性は「やらせ」に協力していたという情報もあるところであり、その前提があるとすると、「化け物」といった表現をされることを承諾していたとみる余地もあります。

そのため、責任追及をするとしても、そう簡単ではないかなという印象があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.