くらし情報『ながらスマホ自転車運転で死亡事故…なぜ書類送検で済んだ?』

2018年2月21日 21:46

ながらスマホ自転車運転で死亡事故…なぜ書類送検で済んだ?

目次

・なぜ書類送検のみだった?
・量刑はどうなる?
ながらスマホ自転車運転で死亡事故…なぜ書類送検で済んだ?

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/

2月15日、昨年12月川崎市の路上で左手にスマホ、右手に飲み物を持ち、耳にイヤフォンをしたまま電動アシスト自転車に乗っていた20歳の女子学生が、77歳の女性と衝突し死亡させたとして、重過失致死罪で書類送検されたことが判明しました。

女子学生の安全意識に批判の声があがっているほか、逮捕されず書類送検だったことや、重過失致死罪と比較的罪が軽めと思われることなどから、警察の対応や現行の法律について、疑問の声が出ています。

今回、なぜ警察はこのような対応をとったのか。そして、今後どのような量刑が科せられることになるのか。星野・長塚・木川法律事務所の星野宏明弁護士にお話を伺いました。

■なぜ書類送検のみだった?

「書類送検のみで逮捕されなかったのは、故意犯でないこと、事実を認めるなどしており、他の客観証拠もあり罪証隠滅のおそれがないこと、女子学生で逃亡のおそれがないこと、などが考慮され、逮捕勾留の必要まではないと考えられたものと思われます」(星野弁護士)

■量刑はどうなる?

「重過失致死罪(刑法211条1項後段)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.