くらし情報『勝手に新聞を入れ「料金払える?」恐怖を感じる女性を助ける手立ては?』

2019年7月31日 19:15

勝手に新聞を入れ「料金払える?」恐怖を感じる女性を助ける手立ては?

目次

・新聞勧誘員に悩むBさん
・弁護士の見解は?
・弁護士への相談も視野に
勝手に新聞を入れ「料金払える?」恐怖を感じる女性を助ける手立ては?
新聞の購読を迫る勧誘活動は、時に強引なやり方をすることもあるようで、度々問題になります。

若い女性などをターゲットに半ば脅迫的な態度で契約を迫るケースや、「契約件数が足りない」などと泣きつく「泣き落とし」作戦など、問題となっている手法は様々です。

昨今は新聞を定期購読しない人も多いだけに、勧誘員も必死なようですが、強引なやり方は好ましいものではありません。

新聞勧誘員に悩むBさん

新聞社のしつこい勧誘活動に悩んでいるのが、Bさん(20代・女性)です。

その内容について聞いてみると…

Aさん「新聞の営業を断ったら、『じゃあ無料でいいから』と毎日ポストに新聞を入れていくようになりました。

「無料でもいらない」と伝えているにもかかわらず、もう2年になります。

断っても一向に止めてくれる様子はなく、むしろ「そろそろ新聞代払えそう?」などと聞いてくる始末で…。

いい加減にやめてほしいのですが、無料で新聞を提供されているだけなので、大きな被害を受けていると言うわけでもなく、訴えを起こすのも難しいのでは、と泣き寝入り状態です。

止めてもらうために何か手立てはないのでしょうか」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.