くらし情報『SNSで炎上する芸能人も!? 「配膳」のルールを正しく覚えましょう!』

2018年9月3日 18:00

SNSで炎上する芸能人も!? 「配膳」のルールを正しく覚えましょう!

目次

・日本人なら覚えておきたい和食の配膳ルール
・洋食や中華の配膳にもルールがあります!
Fotolia_199062170_Subscription_Monthly_M.jpg


タレントの木下優樹菜さん篠田麻里子さんが、自身のインスタグラムにUPした写真で、お椀とお茶碗の置き場所が反対になっていたとして炎上するなど、何かと問題になっている「配膳」問題。あなたは正しい置き方を知っていますか?

日本人なら覚えておきたい和食の配膳ルール

まずは和食の配膳から見ていきましょう。汁物を入れたお椀は手前右側に、ごはんを入れたお茶碗は手前左側に、さらにその前に、持ち手が右にくるようにしてお箸を並べるのが、基本的な配膳マナーになります。

焼き魚(頭が左に来るように皿に盛りつける)や、ハンバーグといったメインになる料理は右奥側に。煮物などの副菜は左奥、酢の物などは奥側中央に配置します。お漬物を小皿に盛って個々に供する場合は、お椀とお茶碗の中央に並べます。大皿に盛った料理は、各人がお箸を伸ばしやすい位置に並べましょう。
ただし、こうしたおかず類は、地方によってルールが変わることがあります。地方に沿った並べ方を覚えるようにするといいでしょう。

ごはんを左側に並べるのは、左側に「上位」のものを置く、という日本独特の文化から来ています。主食となるお米を大切にする気持ちから今のルールが生まれていることを、子どもたちにもしっかり伝えましょう。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.