くらし情報『自己破産の費用はいくらかかる?料金の内訳と平均相場を専門家が解説!』

2019年6月30日 23:00

自己破産の費用はいくらかかる?料金の内訳と平均相場を専門家が解説!

目次

・自己破産の手続きは2種類ある
・借金が返せない!個人が弁護士に依頼した時の自己破産の流れ
・自己破産の費用は平均でいくらくらいかかる?
・手元にお金がない時に自己破産する方法
・自己破産の費用に関するまとめ
自己破産の費用はいくらかかる?料金の内訳と平均相場を専門家が解説!


https://manetasu.jp

借金に行き詰まり、自己破産を考えている方へ。自己破産にかかる費用とは、一体いくらなのでしょうか?この記事では、自己破産にかかる料金の内訳と平均相場を解説します。

自己破産の手続きは2種類ある

自己破産の手続きは2種類ある


自己破産というと、「借金がゼロになるが資産もゼロになる」と漠然と考えている人が多いようです。

確かに間違いではないのですが、自己破産には同時廃止と管財事件という2つの種類があり、その種類によって費用は異なります。

まずは自己破産における同時廃止と管財事件の違いを理解しておきましょう。

同時廃止
同時廃止とは、財産の少ない人に適用される破産手続きの中でも簡単な方法です。破産管財人が専任されず、破産手続き開始と同時に手続きが終了します。このため、同時廃止と言います。

同時廃止は手続きに時間がかかりませんし、費用もそれほどかからないのが特徴です。個人が借金問題を抱えている場合には、、同時廃止の手続きとなることが一般的です。

管財事件
管財事件は財産のある人に適用される方法で、破産手続きの原則的な方法が管財事件になります。管財事件では、裁判所から専任された破産管財人しか財産の整理・管理を行うことができません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.