くらし情報『債務整理後に住宅ローンは組める?審査を通過するためのポイント』

2019年7月5日 16:36

債務整理後に住宅ローンは組める?審査を通過するためのポイント

目次

・住宅ローンの審査に影響する「信用情報」について知っておこう
・信用情報に事故情報が登録されるとブラックリスト入りする
・債務整理すればブラックリスト入りするので住宅ローンが組めない
・債務整理後、住宅ローンを組めるようになるまでの期間
・任意整理の借金を完済しても住宅ローンは組めないことがある
・債務整理後に住宅ローンの審査に通過するには?
・債務整理後にフラット35に申し込むなら
・債務整理と住宅ローンの関係に関するまとめ
債務整理後に住宅ローンは組める?審査を通過するためのポイント


https://manetasu.jp

債務整理をするとき、近い将来、住宅の購入を考えている人は注意しておきましょう。債務整理をすると、住宅ローンを組むときに影響が出てしまいます。

本記事では、債務整理後の住宅ローンについて説明します。住宅ローンの審査に通過するためには、何に気を付けておいたらよいかを知っておきましょう。

住宅ローンの審査に影響する「信用情報」について知っておこう

住宅ローンの審査に影響する「信用情報」について知っておこう


住宅ローンの審査のカギになるのが、「信用情報」です。信用情報は、住宅ローンに限らず、あらゆる借入の審査に影響します。

信用情報とは?
信用情報とは、個人がローンやクレジット、キャッシングなどの信用取引(個人の信用にもとづきお金を貸してもらったり立て替えてもらったりする取引のこと)を利用した履歴のことです。

信用取引を一度でも利用したことがある人なら、信用情報機関に信用情報が登録されています。

信用情報機関とは?
信用情報機関は、個人の信用情報を集めて管理しているところです。消費者金融、クレジット会社、金融機関などは、信用情報機関に加盟することが義務付けられています。

3つの信用情報機関
信用情報機関には次の3つがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.