くらし情報『【FP解説】不動産投資に失敗する理由4つ!始める前に知っておきたい思わぬ落とし穴』

2019年10月31日 14:00

【FP解説】不動産投資に失敗する理由4つ!始める前に知っておきたい思わぬ落とし穴

目次

・初心者は不動産投資の「落とし穴」にはまりやすい
・失敗する理由1:空室リスクを甘く考えている
・失敗する理由2:高額なアパート経営の修繕費負担
・失敗する理由3:家賃下落で運用が困難に
・失敗する理由4:管理料が安い管理会社を選んで失敗
・不動産投資の失敗理由に関するまとめ:営業マンの話を鵜呑みにすると失敗する
【FP解説】不動産投資に失敗する理由4つ!始める前に知っておきたい思わぬ落とし穴


https://manetasu.jp

初心者でも気軽に始められる不動産投資ですが、節税目的で始めてみたもののうまくいかずに失敗してしまう人が多いのも事実です。

不動産投資で失敗する人の理由はある程度決まっているので、実際に失敗した事例を知ることで自身の失敗を回避することができます。

そこで本記事では不動産投資に失敗する4つの理由について、事例を交えながら解説していきたいと思います。

初心者は不動産投資の「落とし穴」にはまりやすい

初心者は不動産投資の「落とし穴」にはまりやすい


不動産投資に失敗する人に共通しているのは、不動産投資に対する大幅な知識不足です。

確かに不動産投資は初心者でもローンを利用すればすぐにでも始められますが、最低限の知識がないと始めたところで失敗してしまいます。

では具体的にどのような知識が欠けていたことで失敗につながってしまうのでしょうか。

失敗する理由1:空室リスクを甘く考えている

不動産投資のリスクの中でも、やってみないと実感しにくいと言われているのが空室リスクです。

不動産投資は家賃収入によってローンを返済するため、空室によって家賃が入ってこなくなると途端にキャッシュフローが苦しくなってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.