くらし情報『NISAは確定申告が不要って本当?必要なパターン&注意点をFPが徹底解説!』

2020年1月30日 14:00

NISAは確定申告が不要って本当?必要なパターン&注意点をFPが徹底解説!

目次

・NISAは非課税で投資できる所得控除の制度
・NISAを利用し確定申告をする場合の注意点
・NISAの確定申告に関するまとめ
NISAは確定申告が不要って本当?必要なパターン&注意点をFPが徹底解説!


https://manetasu.jp

年が明けてそろそろ確定申告の時期が近づいてきました。特に会社員の方であれば普段は確定申告をしないけれども、「こういう場合はした方がいいのではないか?」と判断に悩むケースもあるように思います。

代表格が、税制に関する各種制度を利用する場合でしょう。中でも多いと思われるものが、証券取引でNISA口座を利用されているケースです。そこで、今回はNISA口座と確定申告というテーマで記載したいと思います。

NISAは非課税で投資できる所得控除の制度

NISAは非課税で投資できる所得控除の制度


国税庁ホームページ 確定申告が必要な方

配当金が出た場合
NISA口座で株式の配当金が出た場合、確定申告が必要になり得る場合があります。なぜなら、NISA口座で保有している金融商品から生じる配当金が、課税されるケースがあるからです。

それは、配当金の受取方式を証券口座内で行う株式数比例配分方式にしていない場合です。そのときの課税口座が一般口座ならその分の所得を、特定口座源泉徴収なしの口座なら20万を超える場合に確定申告を要します。

株式の配当金の種類
株式の配当金の受取り方式は下記の4つです。指定していないときは、配当金領収書方式が受取方式となります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.