くらし情報『介護ベッドのレンタルは保険適用でお得! レンタル方法と注意点とは』

2019年1月8日 20:30

介護ベッドのレンタルは保険適用でお得! レンタル方法と注意点とは

目次

・介護ベッドレンタルは介護保険が適用される
・介護ベッドの選び方
・介護ベッドのレンタル方法
・介護ベッドのレンタル・購入に医療費控除は使用不可
・介護負担の軽減のためにも、介護ベッドの導入を検討しよう
介護ベッドのレンタルは保険適用でお得! レンタル方法と注意点とは

寝起きが辛くなったり自宅介護が必要になったりしたら、用意したいのが介護ベッドです。購入するほか、介護用品(福祉用具)サービスでレンタル可能。介護保険が適用できれば利用するハードルが下がります。本人、世話をする家族ともに、体の負担を軽減させられますよ。

この記事では、介護ベッドの入手方法と選び方、おすすめのレンタルサービスをご紹介します。

介護ベッドレンタルは介護保険が適用される

介護ベッドのレンタルは、所定の条件を満たしている場合、介護保険が利用できます。介護保険を利用した場合、自己負担額はレンタル費用の1~3割(所得により変動)。安価に借りられるのがメリットです。

なお、介護保険の適用はレンタルのみ。購入には適用されません。

ここでは、介護保険適用の条件についてご紹介します。

介護ベッドは「福祉用具貸与」の対象
介護ベッドは、国が介護保険により貸与できるとしている「福祉用具」に含まれます。福祉用具とは、要介護者の日常生活の便宜を図るための用具のこと。利用者が自宅で自立した生活を送るための補助に必要なものが、対象品となっています。

介護保険適用の条件
対象要介護度は2~5。福祉用具専門相談員が利用開始まで関与します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.