くらし情報『フランス生まれ『BIC』のカラフルボールペンで旅の思い出を書き留めて』

フランス生まれ『BIC』のカラフルボールペンで旅の思い出を書き留めて

2018年4月10日 09:00
 

関連リンク

・フランス女性は「自分が好きな服」を選んでいる
・ウィリアム王子夫妻、第3子をお披露目 ジョージ王子の通う学校にある要請も
・スタイリストも太鼓判!この春絶対使える3COINSのファッショングッズを厳選


 

クラシック&カラフル。運命の1本を探す楽しみ。
パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器や、SNSの登場のおかげで、日常生活でペンを持つことが減ったという人は多いはず。もちろん、私もその恩恵にあやかっている一人。けれど書く回数は減ったとはいえ、ペンを持たない生活は想像できず、書き心地のいいスタイリッシュな1本を探す日々。

 

そんなときに出合ったのが、『BIC』のノック式ボールペン。『BIC』は、1945年にフランスで設立したステーショナリーブランド。オレンジボディにキャップがついた「BIC®オレンジ」は、誰もが目にしたことのあるボールペンかもしれません。今回ご紹介する油性ボールペンの「BIC®クリックゴールド」も、ブランドを代表するボールペンのひとつ。

 

まず心を奪われたのは、その豊富なボディーカラー! 気品のあるブラックやホワイトやネイビー、ポップなイエローやレッド、優しい印象を与えてくれるニュアンスカラーなど、全18色がラインナップ。これでお気に入りの1本を見つけられるはず。

 



 

書きやすく、大人に似合うデザイン。
肝心な書き心地は滑らか。そして0.7㎜の太さもちょうどよく、書いていてストレス知らずです。替芯もあるので、レフィルを交換すればずっと愛用できるのもポイント。

 

 



 

クリップとリングは高級感のあるゴールドトーン。なのに、1本¥150というコスパのよさも魅力的。全体的にクラシックな雰囲気なので、大人が持っていても違和感がないのもうれしい限り。

 

写真とはひと味違う、旅行記という思い出。
旅行中は、意外にもペンが必要になることが多くあります。例えば、海外旅行の場合。飛行機の中でやらなくてはいけないのが、出入国審査カードへの記入。現地に着いたら、必ずしもいつもスマホが使えるとも限らないため、ホテルや行きたいショップの住所をメモとることも。また、旅先で見つけたポストカードにひと言添えて家族や友人へ送るという人もいます。だからバッグには必ず入れておきたいボールペン。それが、自分のお気に入りのものだと、安心感と高揚感を感じられます。

 

せっかくの機会だから、美しい風景やおいしい食事、その土地でしか感じられない生活を目にしたら、旅の思い出をノートなどに書き留めるのもおすすめ。旅が終わる頃には、あなただけの旅行記のできあがり。カメラやSNSでの記録とは違った楽しさがあり、スペシャルな1冊になるはず。

 

今度の旅は、お気に入りのボールペンと一緒に思い出を残してみませんか?

 

BIC

BIC®クリックゴールド ノック式油性ボールペン 各¥150

BICジャパン

http://www.bic-japan.co.jp/

 

 

photograph:Masatomo Murakami

styling:Yumika Asai 

text:Kisae Nomura

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.