くらし情報『就職活動のころのこと【Creation Column -Vol.24-】』

2019年4月20日 20:55

就職活動のころのこと【Creation Column -Vol.24-】

今回はリクエストをいただいた、就職活動のころのお話を。

私は美大の絵画科に通っていたので、クラスの大半の人はアーティストを志望していましたが、私は少数派の就職組でした。 まずはとにかく会社というものに入ってみたくて、お金を稼いでみたかったことが動機でした。「絵を描ける仕事に就きたい」というシンプルな気持ちはありましたが、就職課にある膨大な会社情報を目にし、 それらが絵の技術を活かせる仕事内容ではあっても、果たして自分に出来るのだろうか、合うのだろうか、好きな感じじゃなくても、絵が描ける仕事ってだけで幸せなことなのかな?仕事ってそういうことか…など、自問自答の日々が続いていました。 
就職活動のころのこと【Creation Column -Vol.24-】
就職活動の渦に入ると、「こうするべきだ」などいろいろな情報がたくさん入ってきて、気持ちが左右されます。 今思い返すと、なぜ自分本位にしなかったのだろう?と思います。もっと我がままでよかったのに、と。 まずしなければならなかったことは、自分の好きなことを知ること、でした。それが「絵を描くこと」という大くくりなものだったため、曖昧な就職活動は続きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.