くらし情報『東京での一人暮らし。どのぐらいの家賃の部屋に住むべきですか?【プチDIY女子達のお部屋案内】』

2020年3月7日 10:55

東京での一人暮らし。どのぐらいの家賃の部屋に住むべきですか?【プチDIY女子達のお部屋案内】

東京での一人暮らし。どのぐらいの家賃の部屋に住むべきですか?【プチDIY女子達のお部屋案内】


Q. 一人暮らしを始めます。どのぐらいの家賃の部屋に住むべきですか?
春から上京し、一人暮らしを始めます。
初めてで、家賃相場がよくわからないのですが、どのぐらいの家賃の部屋を探すべきですか?

A. 目安は「収入の3割」。学生さんは「6〜8万円」が相場です
適切な家賃は、「収入の3割」が目安とよくいわれます。そのぐらいの家賃に収まっていると、生活費に余裕が持てるのはもちろんのこと、入居審査時の目安ともなります。ちょっと無理してでも……と思っていても、審査が通らないこともあるため、社会人の方で自分が契約者となる場合には、「額面収入の3割まで」を限度に部屋探しをするのがスムーズです。

ちなみに、関東圏で暮らす学生さんの家賃平均は「6〜8万円」。
大卒初任給を21万円と考えた場合と、だいたい同じぐらいの目安になります。

LIFULL HOME’Sの「家賃相場」で、人気の路線別にワンルーム・1K・1DKが「6〜8万円」のエリアを抜き出すとこんな感じです。

JR中央線:西に向かうほど安くなります
高円寺(7.47万円)・吉祥寺(7.89万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.