くらし情報『斎藤工、プリンス風衣装で登場 「エロ全開」発言を反省?』

2016年6月4日 18:47

斎藤工、プリンス風衣装で登場 「エロ全開」発言を反省?

斎藤工、プリンス風衣装で登場 「エロ全開」発言を反省?

綾瀬はるか、斎藤工


人気漫画を映画化した『高台家の人々』の初日舞台あいさつが6月4日に、都内で行われ、主演の綾瀬はるかをはじめ、共演する斎藤工、水原希子、間宮祥太朗、大地真央、市村正親、土方政人監督が出席。綾瀬は「朝もはよから、ご来店ありがとうございます。あっ、ご来場ですね…」と天然な“綾瀬節”で観客に感謝を伝えた。

舞台あいさつその他の写真

一方、斎藤は4月に亡くなった歌手・プリンスさんの代表作『パープル・レイン』を連想させるゴージャスな衣装で登場。髪型やひげも80年代のプリンスさんにオマージュを捧げ、首から下がるストールには、ペイズリー柄があしらわれるこだわりようだった。

そんな斎藤は先月行われた本作の完成披露イベントを振り返り、「妄想をテーマに、ただ思ったことを言っただけで、ネットニュースの見出しが『エロ全開』になってしまって…。自分が作品の足を引っ張る男なんだなと自覚した」と反省しきり。それでも「自覚はないですが、エロの看板を掲げていると通りやすい部分があるので、しばらくは掲げてみるつもり」と路線継続を表明していた。

『ごくせん』『デカワンコ』の森本梢子による人気ラブコメディ漫画を実写化。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.