くらし情報『勘九郎、父・勘三郎が夢見た劇場での襲名披露は「本当に嬉しい」』

2012年3月5日 17:19

勘九郎、父・勘三郎が夢見た劇場での襲名披露は「本当に嬉しい」

勘九郎、父・勘三郎が夢見た劇場での襲名披露は「本当に嬉しい」
2月の東京・新橋演舞場で行われた中村勘太郎改め六代目中村勘九郎の襲名披露興行に続き、3月3日、東京・浅草の隅田公園内に特設された平成中村座で披露興行の第2弾、『平成中村座三月大歌舞伎』が開幕した。平成中村座は江戸の芝居小屋を再現した仮設劇場で、昨年11月より5月までロングラン公演中。なお、同劇場での襲名披露は初めて。

『平成中村座三月大歌舞伎』チケット情報

夜の部では中村勘三郎市川海老蔵片岡仁左衛門と俳優の笹野高史ら出演者が勘九郎と共に口上を述べた。

勘三郎は「この度は私の前名・勘九郎を、長男が継ぎます。昭和34年に5代目勘九郎を襲名してから、“勘九郎ちゃん”と皆さんに呼ばれ、可愛がっていただきました。(新・勘九郎は)もはや子役ではないので、私とは違う新しい勘九郎を作って欲しいと思います」と父らしい挨拶の後、「縁も所縁もない笹野高史さんまで列座していただきありがとうございます」と持ち前の愛嬌を振りまいていた。幼少の頃より勘九郎と舞台を共にしてきた海老蔵は「新・勘九郎さんは大変真面目な方です。私も見習って真面目に精進して参る所存でございます」と自身のお騒がせ騒動を想起させる挨拶に、観客は大ウケ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.