くらし情報『佐藤隆太、蜷川幸雄らが「お岩様」の墓参りで舞台の安全・成功祈願』

2012年8月13日 11:12

佐藤隆太、蜷川幸雄らが「お岩様」の墓参りで舞台の安全・成功祈願

佐藤隆太、蜷川幸雄らが「お岩様」の墓参りで舞台の安全・成功祈願
9月に東京・シアターコクーンで上演される『ボクの四谷怪談』。鶴屋南北の『東海道四谷怪談』をベースにした作家・橋本治による幻の戯曲を、“騒音歌舞伎(ロックミュージカル)”と銘打って蜷川幸雄が演出する。上演に先立ち、蜷川、音楽を担当する鈴木慶一、佐藤隆太をはじめとするキャスト・スタッフ一同が、『四谷怪談』ゆかりの寺社で舞台の安全と成功を祈願する参拝を行った。

一行は東京・豊島区西巣鴨の妙行寺にて「お岩様」の墓参りをした後、共に「お岩稲荷」と称される新宿区左門町の田宮神社と陽運寺へ。夫の民谷伊右衛門に裏切られ、恨みを残して悶死するお岩の物語は、日本の夏を代表する怪談話としてもおなじみだ。元々はお岩という実在した女性の名前を借りて南北が虚実ないまぜに描いた作品だが、『四谷怪談』上演の際にはゆかりの地への参拝が慣例となっている。

今回の橋本版は、「忠臣蔵外伝」とも言える原作の骨格は活かしつつ、1970年代風ファッションに身を包んだ若者たちの青春群像劇になっている。生きる目的を探しあぐね、迷い、焦り、右往左往する若者の姿は、時代を超えた鮮烈さをもって現代人の胸に迫る。

演出の蜷川は、過去に度々『四谷怪談』を手がけているが「『ハムレット』のように何度やってもやり残した感覚がある」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.