くらし情報『ユーミン主演舞台で泣かせる自信「バスタオルが必要」』

2014年10月9日 13:00

ユーミン主演舞台で泣かせる自信「バスタオルが必要」

ユーミン主演舞台で泣かせる自信「バスタオルが必要」
松任谷由実と“演劇”がコラボする舞台、『ユーミン×帝劇 Yuming sings...「あなたがいたから私がいた」』が10月8日、東京・帝国劇場にて開幕した。初日に先立ち7日、公開通し稽古とキャストによる会見が開かれた。

「あなたがいたから私がいた」チケット情報

作品は幼なじみ3人の恋と友情を軸に、戦時中と現代を行き来する物語。いずれも帝国劇場初出演となる比嘉愛未福田沙紀渡部豪太の3人が過去の切ない純愛物語を演じ、石黒賢藤真利子らが少しミステリアスな現代の物語を紡ぐ。それらの登場人物の言葉にならぬ胸のうちや情景を代弁するかのように、『ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ』『守ってあげたい』『ハルジョオン・ヒメジョオン』といったユーミンの名曲の数々が歌われ、物語を優しく包む。ユーミンの楽曲と物語が呼応し、感動が増幅される作品になっている。

脚本・演出は松任谷正隆ユーミンと帝劇のコラボは2012年に続き2回目となるが、「俳優の皆さんが、台本を書いた時の僕のイメージの10倍は良い」と今作の手応えを語る。ユーミンも「(前作では涙を拭うハンカチが必要と話したが)今回はバスタオルが必要。夫のことで何なのですが、すごい進化している、どこにこんな脚本を作る才能があったんだろうと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.