くらし情報『藤原竜也&山本裕典 共演舞台『鱈々』稽古初日をレポート』

2016年9月9日 15:20

藤原竜也&山本裕典 共演舞台『鱈々』稽古初日をレポート

舞台『鱈々』稽古場より

舞台『鱈々』稽古場より


9月6日。初日を1か月後に控えた舞台『鱈々』の顔合わせが行われた。

舞台『鱈々』チケット情報

韓国の戯曲が、6都市ツアーを含むこれほどの規模で上演されるのは日本ではほぼ初めて。稽古を始める前に劇作家・李康白氏から、この日のために届いたというメッセージが読み上げられる。

「戯曲は紙に書かれた文字です。その文字を、舞台の上で生き生きと動き回る生命体にするには、皆さんに体を与えてもらい、魂を吹き込んでもらわなければなりません」と始まる文章には、演出:栗山民也への敬意や、康白氏の令嬢がキャストの藤原竜也ファンだということも記され、カンパニーを大いに激励する内容だった。

続いて挨拶を求められた栗山も「最近の日本は、何もかもを“わかりやすさ”で括ろうとする危険な状態にあります。だからこそ他者や種々の出来事に対し、自分の視点からきちんと問い掛けることが、混迷する現代日本を生き伸びるためには不可欠。この戯曲には、そんな、今の日本から失われたものが多々含まれている。目に見えぬ大切なものを見つけるために最適の戯曲を、皆さんと共に舞台に立ち上げたいと思っています」と、康白氏の言葉を引き継ぐように檄を飛ばした。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.