くらし情報『菊五郎の粋な侠客と、吉右衛門の凄絶な舅殺し。六月大歌舞伎の魅力』

2018年6月12日 16:25

菊五郎の粋な侠客と、吉右衛門の凄絶な舅殺し。六月大歌舞伎の魅力

『夏祭浪花鑑』は、並木千柳、三好松洛、竹田小出雲の義太夫狂言。団七九郎兵衛(吉右衛門)は、恩義ある玉島兵太夫の息子・磯之丞(中村種之助)の恋人・琴浦(米吉)が大島佐賀右衛門(中村吉之丞)に言い寄られているのを助け、妨害しようとする佐賀右衛門の一味・一寸徳兵衛(中村錦之助)とは、団七の女房・お梶(菊之助)の仲裁をきっかけに義兄弟の契りを結ぶ。その後、釣船三婦(中村歌六)のもとに身を寄せる磯之丞と琴浦。高津神社の夏祭りの日、三婦の女房おつぎ(中村東蔵)は徳兵衛の女房・お辰(中村雀右衛門)に磯之丞を託そうとするが、三婦はお辰に色気があるからと反対。するとお辰は焼けた鉄弓を顔に押し当てて傷をこしらえ、磯之丞を預かる。一方、琴浦は、佐賀右衛門から大金を得ようとする団七の舅・義平次(市村橘三郎)にさらわれてしまう。団七は義平次を追いかけ、祭り囃子が響く中、ついに彼を殺めてしまう。

声にも姿にも大きさと若々しさが光る、吉右衛門の団七。義平次を殺す長町裏の場は様式とリアルがないまぜになって凄絶だ。登場人物達がそれぞれ、男/女が、立つ/立たないと、意地・名誉を重んじる本作。歌六の三婦も雀右衛門のお辰も、品を損なうことなく、各々のプライドを描き出した。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.