くらし情報『純名里沙がギターの名手と贈る大人のためのコンサート』

2018年8月10日 17:00

純名里沙がギターの名手と贈る大人のためのコンサート

純名里沙

純名里沙


歌手・女優の純名里沙が、ブラジリアン・スタイルの奏法で知られるギタリスト笹子重治のプロデュースでこの春リリースしたアルバム『う・た・が・た・り』。純名が「古語辞典から選んだ」というタイトルが表すとおり、柔らかい歌声で 物語の情景を浮かび上がらせる曲の数々は、リラックスしたい大人にぴったりの心地よさだ。8月に東京・名古屋・大阪でのコンサートツアーを控えた純名に、本アルバムに込めた想いを聞いた。

【チケット情報はコチラ】

日本語詩にこだわって収録した全12曲。そのうち7曲は、菅原洋一の歌でヒットした『奥さまお手をどうぞ』や、永六輔作詞・中村八大作曲の名曲『黄昏のビギン』など、昭和のスタンダードナンバーが並ぶ。笹子のギターは単なる伴奏にとどまらず、純名の歌声と時に寄り添い、時に対峙するように響くのが印象的だ。「笹子さんとのデュオ活動を始めて6年目になりますが、最初の1、2年は笹子さんのギターと一緒に“生きている音”を紡ぐのが本当に難しくて……。ようやく最近、それが自然に出来るようになった気がします」と純名はその成果を実感しているようだ。

残る5曲は、純名が作詞を担当したオリジナル曲。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.